ネオの四十路から初めたキャンプ道!

40歳からキャンプ沼にハマり自ら窒息した男の物語

キャンプ泊は4回目 in そぶらフォレストガーデン南③完結

朝になると林の中という事もあって、鳥のさえずりが近くに聞こえる

f:id:neooutdoorneo:20240215211348j:image
そこまで寒くもなく爽やかな朝を迎えることができた

 

起きて、嫁と娘が起きてきやすいようにストーブを付けて自分は朝ご飯の為に焚き火台のほうへ火入れをしにいった

f:id:neooutdoorneo:20240215211411j:image

 

朝ごはんは、スープパスタだったので焚き火と炭は必要なかった

朝から焚き火で暖を取っていると嫁が起きて来た


「山鳩がボーボーいって起こされた~」


そして娘もシュラフでモゾモゾしながら


「さなぎからチョウチョになりますよー!」と言いながら起きて来た

f:id:neooutdoorneo:20240215211600j:image
林間サイトというのもあって湿気がある
湿気の有無で体感気温が結構かわる

 

曇っていたので時折パラパラ雨が降っていたが、木が茂る林間サイトではあまり関係ない

 

ゆるキャン△どおりにスープパスタ作ってみたよー」

f:id:neooutdoorneo:20240215211622j:image

f:id:neooutdoorneo:20240215211800j:image
スープパスタがまた冬の朝の体に染みる

f:id:neooutdoorneo:20240215211641j:image

さぁ、腹ごしらえもしたし
やりたかったテントの拭き掃除を始めた

 

前回の十津川では、テントの乾燥こそできたものの砂風でテントが細かい砂だらけ

風対策でスカートにも大きな石を置いたので泥汚れもある

f:id:neooutdoorneo:20240215211723j:image

幸い乾燥したものを畳めたので、生駒の雨の時よりはカビなどの心配は無かったが、砂まみれはやはり頂けんので、自宅からクイックルワイパー持参で拭き掃除した

f:id:neooutdoorneo:20240215211742j:image

一応、防カビ防菌ようのもので掃除するが

ドロドロだ

 

まぁ、しっかり砂がついていること
スカート部分も泥が乾いて砂になっていたがドロドロ

 

テント砂がついて、霜が降りて固まっていたって状況だ

 

一通り拭くのに結構時間がかかってしまった
撤収の準備を始めつつお昼ご飯を作る

f:id:neooutdoorneo:20240215211840j:image

f:id:neooutdoorneo:20240215212308j:image

とはいえ、先ほどのスープパスタがお腹にのこっているので昨晩残ってしまったお肉を串焼きにする

f:id:neooutdoorneo:20240215211902j:image

あと娘に、こちらのキャンプ場のオーナー手作りの「ベーコンピザ」を頼んだ

f:id:neooutdoorneo:20240215211937j:image
普段は「きのこピザ」だが娘がキノコが嫌いなのでキノコ抜きにしてもらった

f:id:neooutdoorneo:20240215212008j:image

今回は我が家なりには早めに撤収を開始したので明るい時間にテントは収納出来た

 

そこでわかってきたのが

重量級キャンパーをしていると必ず持参物の「テトリス」をすることになる

f:id:neooutdoorneo:20240215212029j:image
もちろん重い物、硬い物は下に小物や壊れ物は上にするのだが、重いものや硬い物は意外と最後まで必要で、これらを片付けない事には小物が収納できない

 

焚き火台等は炭が消えるまで待つので時間がかかってしまうので次回からは早々に火種は消すことにする


炭については前日までとして翌日は使わない様にしようと思った

 

そんなこんなで

 

のんびり撤収をしていると、やっぱり夜になってしまい暗闇撤収となった


林間サイトなので車のヘッドライトで照らしながら撤収はできない

 

懐中電灯を頼りに何とか撤収完了!

 

急な坂をまた嫁の誘導のもと下っていき今回の「そぶらフォレストガーデン南」のキャンプは終了となった

ゴミは完全持ち帰りだったが、意外とゴミはでなかった


というよりは
紙のさらや箱は燃やしたので缶瓶と生ごみ少しだった

冬はストーブがどうしても嵩張るなぁ…。

f:id:neooutdoorneo:20240215212128j:image
これにてキャンプ泊4回目のレポートブログは終了です!
それはまた次回!

ありがとうございました!

f:id:neooutdoorneo:20240215212218j:image

 

 

キャンプ泊は4回目 in そぶらフォレストガーデン南②

前回でも話しましたが、木が多い林間サイトは夜になると月明りや星の光が全く入ってこない

 

これからは自前のランタンの映える時間だ

f:id:neooutdoorneo:20240129214245j:image

f:id:neooutdoorneo:20240129213505j:image
ちらほら灯りが設置されているが、雰囲気を壊さぬために目印程度だ

f:id:neooutdoorneo:20240129214153j:image

我が家はランタンの数が17個ある

すべてつけると、今までは明るすぎ感があったが今回は逆にいい感じにサイトを照らしてくれている

f:id:neooutdoorneo:20240129213548j:image

ダイソーのランタンはテント内
Colemanや他のランタンは外を照らす

 

今回、初めてColemanのノーザンノバが素晴らしい仕事をした
ツーマントルタイプで燃費はお世辞にもいいとは言えないが、そのぶんハイパワーだ

f:id:neooutdoorneo:20240129213607j:image

そして前回、十津川での寒さに普通のOD缶では本来のパワーが発揮できなかったので
寒冷地用のスーパーOD缶にしたのが良かったのだろう

 

めちゃくちゃ明るい

 

このノーザンノバはOD缶を取り付けると重量が3キロを超える
釣るして使うには場所を選ぶし工夫がいる

f:id:neooutdoorneo:20240129213650j:image

ラッキーだったのが林間サイトは木があるので遠慮なく使わしてもらった
林間サイトの恩恵を少しだけ頂いた

 

デビューしたLEDランタン達もテーブルを明るく照らしてくれた


初めてこのサイズのLEDランタンを使ったが思いのほか使い勝手がよかった

f:id:neooutdoorneo:20240129213722j:image

サイズに見合わぬ明るさと充電式なのでコンパクトだ
今後増やそうと思ったが中国製の安い方は翌日電池切れしたので1泊用と考えることにした

 

NATURAのLEDランタンをXのフォロワーさんから頂いたのが、めちゃ良かった

f:id:neooutdoorneo:20240129213747j:image
サイトで使うとさらに明るく感じる

 

そんなこんなで

夕飯の時間となった

 

今回は鍋をやめてマルチグリドルで焼肉をしようと決めていた

f:id:neooutdoorneo:20240129213811j:image
初めてまともにマルチグリドルを使った

 

凄く火の通りがいいし、緩やかに湾曲しているので脂でべちゃべちゃにならない

f:id:neooutdoorneo:20240129213822j:image

良い肉をやくと、どうしても脂がでるので助かる
溜まったらペーパーで拭けば解決

 

ああ、なるほど
確かにこの絶妙な湾曲はいい仕事をする
そして何よりも軽い

 

冬キャンプは、やはり出番が少ないが春や初夏のキャンプは重宝しそうだ

 

娘も最近になって焼肉を食べれるようになってきたが今回はチキチキボーンが気に入ったらしい

f:id:neooutdoorneo:20240129213846j:image
キャンプでたべると美味しいのだろう

 

わざわざ揚げ物をしなくてもフライドチキンが食べれるのは嬉しいし便利だ

 

夕飯を終えて、寝るまでのマッタリタイム

前回も持参したが、コロナエキストラビールってキャンプに映えるし美味しい

f:id:neooutdoorneo:20240129213907j:image
しかも色もキレイだし
度数が低めで量も少ないので、お酒に弱い人でも大丈夫

 

そして

 

初めてアロマスティックを使ってみた
他のキャンパーさんが隣にいたら使えないので、今回は特別だ

焚き火の香りも好きだが、たまにはアロマな香りもいい

f:id:neooutdoorneo:20240129213928j:image
フクロウタープと同じ店「チャイハネ」で購入

そもそも、アロマについては人生初だが確かにこれは好きな人はハマる要素が高いと感じた

 

たまに雑貨店でみかける「パロサント」も一度試したくなった


パロサントは燃やすことで香りがでる香木だ
焚き火に投げ入れるともったいない価格なので、いつも買うのを躊躇するが次回はやってみよう

 

いよいよ23時頃、気温が下がってきて山が就寝の時間を告げる

f:id:neooutdoorneo:20240129213955j:image
近くのキャンパーさん達もお籠りタイムや就寝中だ

f:id:neooutdoorneo:20240129214016j:image

我が家もある程度お片付けをしてテント内を温める
しかし、トヨトミのストーブのパワフルなことに驚かされる

f:id:neooutdoorneo:20240129214032j:image
すぐに温まる

 

歯磨きして、トイレいって、着替えて

今夜は十津川程寒くないのでマグマは必要なかった

それでは皆さんおやすみなさい

f:id:neooutdoorneo:20240129213525j:image

つづく

キャンプ泊は4回目 in そぶらフォレストガーデン南 ①

~~~~~能登半島地震で被災された方へ~~~~~
地震による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。 
被災地の復旧、復興を心から願っております。
私の親戚も現在被災して避難所での生活をしております。
だんだんと食事や支援が行き届いてきております。
皆さんの暖かいご支援、誠にありがとうございます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


年越しキャンプは、我が家にはまだやる勇気がなく
12月初旬の十津川キャンプから1か月後の2024年始3連休にキャンプ泊へ行きました

f:id:neooutdoorneo:20240117184406j:image

 

今回お世話になるのは大阪府貝塚市にある「そぶらフォレストガーデン南」さんです

f:id:neooutdoorneo:20240117184436j:image


ソロキャンパーさんや、バイクキャンパーさんは良くご存じの大阪で有名な林間サイトです

f:id:neooutdoorneo:20240117184506j:image

 

以前は今ほど開拓されてなかったときは、いわゆる「穴場」でしたが

youtubeなので紹介されてからは様々なスタイルのキャンパーさん達が集う場所となっています

 

実は、そぶらフォレストガーデンさんに予約する前に検索していたのが「渓流園地」というキャンプ場で、ほぼ隣接されているのですが

我が家のキャンプスタイルを考えるとサイト面積が狭いのではないかと考え諦めていました

 

そこで「そぶらフォレストガーデン」さんを見つけ、近所という事もあり十津川キャンプの翌週に下見と予約をしてきました

f:id:neooutdoorneo:20240117202403j:image

 

1つ1つのサイトは、ソロ向けという事もあるので広くはないですが今回はグランド4というソロサイト4連を全部レンタル!

f:id:neooutdoorneo:20240117204101j:image

 

地形的に、ある意味全部レンタルしないと設営と車の乗り入れが出来なかったのですが


お値段なんと、なんと

 

11:00~翌日23:59まで(1泊&デイ)

 

6000円!

 

とんでも価格ですよね

 

地形的に山を棚にしている1棟を借りたので、隣人キャンパーはいません


上の棚、下の棚にはキャンパーさんはいますが距離があるので音等の問題や臭い、明るさも全然気にならない

 

なのに6000円!

 

総額でいうと十津川の方が安いのですが
静寂の林間サイトでプライベート感覚を満喫するなら6000円は激安です

 

この画像の丸でかこったエリア全部です

f:id:neooutdoorneo:20240117202452j:image

 

いざキャンプの日まで、年末年始や忘年会、ひらかたパークなど冬のレジャーを満喫

f:id:neooutdoorneo:20240117202608j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117202604j:image

そしてまさかの年末の多忙繁忙期に嫁さんと自分がコロナになる等のアクシデントなど、いろいろなアトラクションを乗り越え、ついに当日!

f:id:neooutdoorneo:20240117202635j:image

 

11:00からのチェックインという事で、いままでで一番ゆとりある出発ができました

f:id:neooutdoorneo:20240117202658j:image

 

そして貝塚は我が家から1時間かからないので岸和田SAによって休憩しても充分間に合います

 

大阪市内から貝塚IC降りて15分位の道のりです

f:id:neooutdoorneo:20240117202735j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117202739j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117202732j:image

今まで市内のコンクリートジャングルからいきなりの林道

 

林道を3分位進むと「渓流園地」「山の神キャンプ場」そして今回の

「そぶらフォレストガーデン南」さんが出てきます

f:id:neooutdoorneo:20240117202823j:image

やはり森林ということもあって、空気が澄んでいて風もなく、すこし湿度が高い独特な山の空気に変化します

 

管理小屋に向かう林道でオーナーに出くわし

 

「今日お世話になる者ですー!」

「はいはいー!何番やったかな?」

「4番です!1泊とデイで予約しています~」

「ほな~、6000円やな!」

めちゃめちゃ林道で現金を渡し、いざ予定サイトへ!

 

杉の樹の生い茂るサイトは、もちろん前にも書きましたが普通の山に棚を作ってあるので坂はとても急です

f:id:neooutdoorneo:20240117202923j:image

そして山からでる水と湿気、道は砂利と土、杉の落ち葉などがあり滑りやすいです

 

4WDがお勧めというのはこういう事かと、その時理解したとともに我が家の車が4WDでよかったと安堵しました



タイトな山道を登るのでタイヤが、まぁまぁ滑る!

ちょっとヒヤっとしますがなんとかサイト入り

 

そして

 

オーナー「大概の車、サイト内で切り返しできるから!前むかな出るの大変やで!」
と言われていたので

 

頑張って切り返すが、これまた怖い怖い
切り返すだけで20分位かかってしまった

f:id:neooutdoorneo:20240117202939j:image

自分が車から荷物を降ろしている間、嫁さんは楽しみにしていた直火の釜戸を作っていた!

 

「エエやん、直火、Aやんー」

f:id:neooutdoorneo:20240117204315j:image

かっこいい釜戸完成!


今回は、テント設営前に昼ご飯を食べて休憩してから準備しようと計画していたので早速実行

f:id:neooutdoorneo:20240117203118j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117203114j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117203111j:image

これがよかった

 

いままでバタバタと立てて、疲れた状態で昼ご飯を作っていた

f:id:neooutdoorneo:20240117203208j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117203213j:image
そうなると昼ではなく夕方になりかけていた

 

今回は、お腹もふくれて休憩もできた状態で設営を始めたので今までになく穏やかな設営ができた

f:id:neooutdoorneo:20240117203020j:image

 

風が、ほぼ無風だったのでフレーム部のペグのみで大丈夫だったというのもあるだろう

f:id:neooutdoorneo:20240117203036j:image


充分に体力をのこした状態でキャンプを始めることができた

 

新しく仕入れたキャンプギアたちも今回からデビュー

しっかりとキャンプの彩りとなってくれた

f:id:neooutdoorneo:20240117203254j:image
f:id:neooutdoorneo:20240117203251j:image

f:id:neooutdoorneo:20240117204543j:image

 

だんだんと日が暮れてきた

 


星や月のあかりも届かない「漆黒の夜」が始まった

f:id:neooutdoorneo:20240117203325j:image
つづく

キャンプ泊は3回目 in つり橋の里キャンプ場 完結編

久しぶりの投稿です!(コロナでダウンしてました)

 

前回からのつづき

 

どんどん下がっていく気温のなか、思ったのは都会の寒さとはまた違う

f:id:neooutdoorneo:20231228182348j:image

ただただ寒いというわけではなく「キンッ」というか澄んだ透明感のある空気で、鼻から吸う空気が気持ちいい


大阪の空気でこれは体感できないし、よく行く生駒山でも少し難しいだろう

 

気持ちのいい寒さの中、焚き火タイム

f:id:neooutdoorneo:20231228182400j:image
このキャンプ場の薪は針葉樹で良く燃えるし良く爆ぜる

 

良く燃えるので薪を割るのも大変なのだが、今回は針葉樹ということもあって割りやすいので娘が率先して薪割りをしてくれた

f:id:neooutdoorneo:20231228182513j:image

割るたびに上達し、本人も自信がついたみたいでキャンプが終わるまで娘が薪割り係をしていた

f:id:neooutdoorneo:20231228184427j:image

そろそろ本格的に夜になってきたので晩御飯の準備を始める

f:id:neooutdoorneo:20231228182528j:image

今晩のメニューは

f:id:neooutdoorneo:20231228182615j:image

サッポロ一番 みそラーメン鍋!
入れる具材は前回同様、豚肉、葱、キャベツ等をいれる

f:id:neooutdoorneo:20231228182630j:image

薪を割りすぎて、娘もつかれたのか仮眠中

 

流石に川っぺりは冷える
冷えた体には、やはり鍋だ

f:id:neooutdoorneo:20231228182732j:image

嫁とは鍋か焼肉かと議論していたが寒いのと風があるので鍋にしておいて正解だった

 

食後はいつものマッタリタイムだ

f:id:neooutdoorneo:20231228184408j:image

このキャンプ場は消灯時間がないので、キャンパーのモラルで夜の雰囲気は守られている
今回は両隣がソロキャンパーだったのもあり、とても静かな夜だった

 

もちろん我が家もファミキャンのわりに、うるさいほうではないけどルール以上にモラルを重視することを大事にキャンプをするようにしている(守れてないとすれば、撤収時の時間オーバー…。)


さて

 

今回この十津川を選んだのはもう1つ理由があった

 

このキャンプ場、街灯などが無く、時間も遅くなると山の施設の灯りも消えるのでキャンパー達のランタンや焚き火以外の灯りがなくなる。

f:id:neooutdoorneo:20231228182810j:image
そして川辺なので木もあまり無いし電柱なんかも、もちろんない

 

谷に挟まれ橋にバックの星空を一望できるのだ

f:id:neooutdoorneo:20231228182824j:image

日中は雲があったのでこの目的の達成は危ぶまれていたが夜に雲が晴れてくれたので、こちらの目的も達成できた

 

娘はまだ都会でしか星空を見たことが無い
いつかちゃんとした星空を見せていやりたかった

 

自分はトイレに行く途中で運が良く久しぶりに流れ星も拝見できた

 

テレビやスマホ画面の向こうでみる流れ星と、実物の流れ星は別物だと2人にも知ってほしかった

 

流れ星が見れるかどうかは、運の要素が大きいので祈る気持ちだったが2人もトイレの道中に見ることが出来たらしい

f:id:neooutdoorneo:20231228182843j:image

そして、こんなにはっきりとオリオン座を見たことがないという話


娘は生まれて初めての星座の話でとても喜んでいた


設営時や風の影響もあったが、自分の中で70%は目的が達成できた


さぁ
そうこうしている間に寝る時間となる

 

この日の気温は事前に天気予報を確認していたが、十津川は0℃まで下がるとなっていた
我が家はまだ0℃の気温の中でのキャンプ泊を経験していない

 

外気温は2℃位


テント内はトヨトミのストーブのおかげで凍えはないものの大きいテントなので、暖房器具の増設は必須かもしれないなぁ、と考えていたがお金も時間も間に合わなかった

 

仕方がなく急揃えで用意した

f:id:neooutdoorneo:20231228182944j:image

ダイソーの500円レジャーマットとマグマカイロを使い底冷え対策をする


これがなかなかの暖房効果で底冷えは無く、むしろ暖かい状態で朝まで冷えて起きることなく寝ることができた

f:id:neooutdoorneo:20231228183009j:image
シュラフ内にはカイロをいれず、シュラフとマットの間に入れるのがコツで、シュラフ内に入れるとヤケドしてしまうので気をつけないといけない


そして時間は朝7時頃、外気温は0℃

そとはどんな状況だろうかと外に出る

f:id:neooutdoorneo:20231228183157j:image

テントは凍って霜がおりている

f:id:neooutdoorneo:20231228183039j:image

f:id:neooutdoorneo:20231228184506j:image
焚き火台も凍っている

f:id:neooutdoorneo:20231228183057j:image

予想はしていたが、実際みると凄い

f:id:neooutdoorneo:20231228184520j:image

f:id:neooutdoorneo:20231228183123j:image
f:id:neooutdoorneo:20231228183127j:image

娘は車に着いた霜を集めて小さい雪だるまを作っていた

 

朝ごはんの時間
今日の朝ごはんはコンビニで買ったコロッケと焼きそばUFOで、コロッケ焼きそばサンドを作った

f:id:neooutdoorneo:20231228183227j:image
今回初めてホットサンドメーカーで焼いたサンドイッチを食べたが美味しかった

f:id:neooutdoorneo:20231228183235j:image

みんなこれで料理する理由が少しわかったような気がする


両面しっかり焼くことが出来るのは魅力だと思う

 

お腹もふくれたところで周辺の散歩に出かける

f:id:neooutdoorneo:20231228183305j:image
昨日は強風で周辺の散歩もできずに日が暮れてしまったので改めて十津川の側まで娘と行ってみた

f:id:neooutdoorneo:20231228183327j:image

強風や砂嵐とは裏腹に、とても穏やかで水もキレイだった

 

谷瀬の釣り橋もより大きく長く見える

f:id:neooutdoorneo:20231228183330j:image

いかんせん、ゆとりのある設営がしたいが、まぁそううまくはいかない

f:id:neooutdoorneo:20231228184552j:image
「さぁ、そろそろ撤収するか」

12時頃撤収作業にとりかかる

 

散歩の間に、ある程度嫁が小物類の撤収を進めていてくれた

まぁ、予想通り設営時と同じく砂嵐が吹く

 

撤収は設営より危険だった

 

いままで止めていた風対策のペグや石を撤去すると、当然だがテントが無防備になる

f:id:neooutdoorneo:20231228183437j:image
設営時と同じように家族で抑えながらなんとか折りたたみ収納しなければならない

 

その間、砂嵐にさらされるギアたちは砂だらけ

まぁ、もうそんなことはいい

 

とにかく強風でケガをしないようにだけ気を付けなければダメだ

重いテントをルーフに乗せ、小物をテトリスする時に聞き覚えのある声がした


おばあちゃん「あんなぁ~、もう帰るしなぁ~」

自分「ごめん!もう時間かな?」


おばあちゃん「ええんや~、もう誰もおらんさけ疲れたし帰るしなぁ」

自分「いろいろありがとうやったで~、気を付けてなぁ」


17時まで滞在できるのだが、16時頃に軽トラで帰っていった
そんなアバウトでいいのも、このてのキャンプ場の良いところなのかもしれない

 

結局、撤収スキルがない自分がやっと車を走らせたのは17時頃で既に辺りは暗くなっていた

 

娘と約束していたとおり、釣り橋を渡りに行く


釣り橋を渡るが、強風で激しく揺れるのと夜ということもあり下は暗闇だ…。
同じキャンプ場にその日から宿泊のソロキャンパーさんの灯りだけがポツンとあるだけだった

 

そんなこんなで車に帰り、帰路につく


2時間後

 

娘のリクエストで晩御飯はジョリーパスタ

f:id:neooutdoorneo:20231228183508j:image

ミートソースに顔が沈みそうな疲れの中、今日のキャンプについて話を弾ませた


その日は疲れきっていたので荷物の片付けは翌日から徐々にすることにした


ルーフにあるギアだけ家に入れた

 

3人ともシャワーを浴び、その日は爆睡した

 


今回のキャンプで何回もいうが自分なりに経験値が上がった気がする

f:id:neooutdoorneo:20231228183534j:image
ゲームで序盤、ザコ相手にしていて、間違ってはいったダンジョンで中ボスに合って倒した。。。そんな感じだ(訳わからん例えですまん)

 

でも

 

こういった細かい経験値を重ねていけば、きっと熟練キャンパーさんと楽しく会話できるレベルまで行きつくことが出来るだろう

f:id:neooutdoorneo:20231228183600j:image

そう信じて、我が家のキャンプ泊3回目は幕を閉じるのであった


皆さん、お読みいただきありがとうございました!

また次のブログも読んでいただけると嬉しいです!

キャンプ泊は3回目 in つり橋の里キャンプ場 ②

十津川のキャンプ場というのは後で知った話だが、風と砂嵐が凄いらしい

f:id:neooutdoorneo:20231211212817j:image

キャンプ場のいい面しか調べていなかった自分の詰めの甘さもあったのだが

 

もれなく我が家も十津川の山神様の洗礼を受けることになった


まず、初心者の自分は少々勘違いをしていた

それが一番の原因でもあり、今回一番経験値になった事に他ならない


それは

作ったキャンプ場と、そこでキャンプをしていいというキャンプ場

この差だ

 

作ったキャンプ場とは、そもそも設営をする前提でつくっているサイトを区画区切りで提供しているキャンプ場だ

 

自分でいう「生駒山麓公園 野外活動センター」が当てはまる

 

ペグを打つであろう、風が吹くであろう、雨や水捌けなどちゃんと考えられている

ペグダウンしやすいように石や岩などが無く、程よい硬さの土と芝生で出来ている

 

初心者の自分があのサイズのテントを立てる事が出来たのは、設営し易くしてくれていたからに他ならない

 

なのでお値段もする、それは仕方がない事だと本当に思った。

 

キャンプをしていいというキャンプ場は

f:id:neooutdoorneo:20231211213529j:image

もちろん、ある程度の整地(設営に邪魔な岩や木を撤去してある)をしているし車が入ってもいいようにも出来ている

 

が基本的には自然に由来をした土地であってペグダウンをする等の、設営しやすさは無くキャンパーの経験値とスキルでそれをクリアする事が必然となる場所だという事

 

できなければ断念し、設営のしやすいキャンプ場に行くしかない


十津川のキャンプ場は後者だ

 

まだ青二才の自分は、もちろんペグもイメージ的にすんなり刺さると思っていた

 

電話で「ピンペグ、プラペグはあかん」と言われた理由がすぐにわかった

 

ペグが刺さらない

f:id:neooutdoorneo:20231211212932j:image
詳しく言うと刺さりはするのだが途中で岩にあたるのだ


十津川の谷を吹く強風の中、なかなかペグダウンが出来ず嫁さんと娘が必死でテントが飛ばない様に抑え、必死の思いで基本位置のペグを打つ事は出来た。

 

ガイロープと含め24本がメインのペグになるが、思い出してみる限り15本以上は岩にあたって何回も何回もやり直した。


そして粒子が細かい砂地という事もあり、スカートを止めていても下から砂が吹き入ってくる

f:id:neooutdoorneo:20231211213008j:image

1時間もすればギアが砂だらけになりテーブルで食事などできなかった

侵入する風で、テントが揺れたわむのだ


苦渋の選択でスカートを大きめの石を置いて固定する

生地が傷むので、やりたくなかったが

そんなことを言っている場合ではなかった

f:id:neooutdoorneo:20231211213039j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211213042j:image
なんとか砂の侵入もおさまったので、やっと昼ご飯の準備ができるようになった

設営に多分3時間くらいはかかったであろう…。

f:id:neooutdoorneo:20231211213108j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211214253j:image

砂利や石の多い川側を選んだ自分の責任だが、とてもいい経験になった

f:id:neooutdoorneo:20231211214229j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211213339j:image
今回は、予算を決めて食事を作ってみるというミッションもあったが

f:id:neooutdoorneo:20231211213152j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211213147j:image

これは嫁さんが仕切ってくれて見事に成功

こういう面では頭が上がらない

f:id:neooutdoorneo:20231211213253j:image

とてもおいしくBBQの串焼きを頂いた

f:id:neooutdoorneo:20231211213233j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211213229j:image
f:id:neooutdoorneo:20231211213226j:image
考えてみれば


作ったキャンプ場では、アウトドアには触れられるが自然の大きさや大変さには触れにくい

f:id:neooutdoorneo:20231211214409j:image

こういったキャンプ場を何回も経験することで自分のキャンパースキルのレベルアップをする

 

それもキャンプ好きの醍醐味かと感じた

我が家は、どちらかというと自然由来が好きかもしれない

f:id:neooutdoorneo:20231211213448j:image
こうして日が暮れていく…。

 

どんどん気温が下がっていく…。

いったいどうなってしまうのかー!?

 

次回へ続く

キャンプ泊は3回目 in つり橋の里キャンプ場 ①

前回のグループキャンプを最後に年内のキャンプは予定的に厳しかったのだが…。

 

それでも今回が年内最後のキャンプにするからと約束し12/2~3にキャンプの許可が出たので早速いつもの生駒山麓公園に電話をした。

 

自分「12/2の午前から12/3の15時までで、昼夜昼の3部をオートキャンプ予約したいのですが」

受付「申し訳ございません12/3の昼の部は全てご予約が入っております」


なんだと!


撤収に時間がかかる我が家はなるべく次の日のデイキャンプ分も時間借りをしようと決めていたので、昼の部が取れないと撤収がまた鬼の忙しさになってしまう…。

 

自分「そうですか、ではまた電話いたします」

 

ううむ、経験済のキャンプ場はここしかない…。

 

我が家は重量級キャンパーなので、現地下見をしないと設営できるかどうかも怪しい。


ぶっつけ本番は、やったことがなかった。

 

ふと、SNSで紹介されていたキャンプ場を思い出す。

十津川にある「つり橋の里キャンプ場」だ


興味がありここのキャンプ場は事前にネットで下調べをしていた。

f:id:neooutdoorneo:20231209010509j:image

広い事、安い事、滞在時間が長く撤収も充分時間が掛けれる事

 

だが初心者キャンパーの我が家には、ちょっと距離的に勇気のいる場所だったので下見をしてから挑戦しようとしていた。

 

が、生駒が無理となると思いつくところはそこしかなかった。

せめて電話でどんな状況か聞くことにした。


おばあちゃんが電話にでた

 

自分「インターネットを見たのですが、この時期混みますか?」

おばあちゃん「160組建てれるさけぇ、今日なんか30組くらいやもんで、ぜんぜん大丈夫や」


自分「160!?そんなに広いんですか!」

おばあちゃん「でもお盆やGWはキツキツになるで、大変や。今は大丈夫やー」


自分「お値段、これ一回のお支払いで本当に17時までいても大丈夫なんですか?」

おばあちゃん「17時までいてええよ、ゆっくりしたらええよ」


自分「気温は寒いでしょうか?大阪からなんですが地面凍結されてますか?」

おばあちゃん「そら天気寒ぅなったら凍結すっけど今は大丈夫や」


自分「わかりました、予約はしなくても大丈夫ですか?」

おばあちゃん「予約せんでも好きなとこ建てたらええよ」

自分「ありがとうございました。」


そんな感じで次なるキャンプ地は谷瀬の釣り橋下にある

f:id:neooutdoorneo:20231209011306j:image

つり橋の里キャンプ場

 

ここに決定となった

 

現地まで我が家からは2時間はかかる

朝7:00から開門するらしいが、9:00頃行けば端っこでも設営は出来るだろうと予測し7時頃出発を目指して準備をする

 

積み込みだけでも1時間がかかるので金曜日に車内に積める分は出来るだけ積んでおく

f:id:neooutdoorneo:20231209010719j:image
出発当日、なんとかテンションで起きれたのでテントとシェルターをルーフに積む

f:id:neooutdoorneo:20231209010645j:image

その間に嫁と娘は、食材やらを準備して出発の準備をする

f:id:neooutdoorneo:20231209010626j:image
f:id:neooutdoorneo:20231209010622j:image
なんとか7:30頃に出発できた、まぁ上々な感じだ

f:id:neooutdoorneo:20231209011551j:image

ネット情報によると山道に入るとコンビニやスーパーなどは全くないので、見つけ次第入って最後の買い出しをするように書いてあった。

f:id:neooutdoorneo:20231209011556j:image

たしかに最後のコンビニからキャンプ場まで全く買い物ができる雰囲気ではなかった


唯一あったのは道の駅位だった

f:id:neooutdoorneo:20231209010559j:image

2時間も後ろの席で窮屈に我慢させてしまった娘を外に出す為、時折休憩してキャンプ場に向かったが10時前には到着できた。

f:id:neooutdoorneo:20231209010853j:image
管理小屋には、やはり「おばあちゃん」がいた。

f:id:neooutdoorneo:20231209010532j:image
おばあちゃん系には、できる限り馴れ馴れしく話してみるのが自分流なので

 

最初から気さくに


自分「おかあさん!キャンプしに来たけど、どうしたらいいの?」

おばあちゃん「泊りやったらこれに書いてんか~、これ住所とか書くやっちゃで」


自分「わかったー、ちょっと待ってやー・・・これでええかな?」

おばあちゃん「ほんなら全部で3800円やで」


自分「おかあさん、10000円札しかないけど大丈夫?」

おばあちゃん「ええよ、ちょっと待ってぇや。」チャリン


自分「小銭落ちたで、おかあさん!100円か?」

おばあちゃん「もう歳やから指動かんねんや、おつり6200円やからなぁ。見てや、あるか?」


自分「あるある、ありがとうやで!あとで薪買いに来るから」

おばあちゃん「山側で焚き火したらあかんでぇ、決まりやでぇ。火は怖いから、すぐ燃えよるさけ。」

 

自分「わかった、なるだけ川の方に建てるから大丈夫や。また来るわな!」


てな感じで車でサイト内に進入し、場所の物色
約束通り川側で建てることにした

f:id:neooutdoorneo:20231209010832j:image

これが後で大変な事になるとは全くもって予想もしていなかったのだ

 

次回へ続く

 

 

キャンプ泊は2回目! in 生駒山麓公園 野外活動センター

前回の続き

 

f:id:neooutdoorneo:20231127212156j:image

朝起きるとテント内、ゴミ箱を置いてあったところが荒らされている

 

それ以外は荒らされた形跡もない

 

貴重品はインナーテントの寝ている頭上に置くので大丈夫だ

 

「動物来たんちゃうか?」

 

そういえば昨日の夜、動物の鳴き声がしたのを思い出す

 

野生動物からしたら人間の食べる物の臭いは恐ろしいくらい良い香りだろう

f:id:neooutdoorneo:20231127212228j:image

荒らされた生ごみの袋はテントの外に引きずり出されて中を出され残飯を食べた跡があった

 

キャンプサイトの案内に野生動物が来るのでゴミ箱には蓋をするなどの対策が必要だと書いてあったのを思い出した

 

実際、こんなのを目の当たりにするとは思っていなかったので…

 

テンション上がりまくり

足跡もこの通り

f:id:neooutdoorneo:20231127212251j:image

タヌキかなぁ

 

娘は会いたがっていたが、実際目の前にするとビビるだろうなぁ

噛まれでもしたら雑菌でヤバい事になりそうだ

 

次回からは袋も縛って、蓋もしよう


朝ごはん

f:id:neooutdoorneo:20231127212316j:image

ハムチーズトーストサンドとツナチーズトーストサンド

f:id:neooutdoorneo:20231127212341j:image

あいにくせっかく買ったホットサンドメーカーを忘れてしまったが
嫁さんが器用にフライパンで焼いてくれた

f:id:neooutdoorneo:20231127212412j:image

娘もパクパク食べてくれた


2回目だがキャンプに抵抗を感じない娘に成長を感じた

f:id:neooutdoorneo:20231128122027j:image

初めてBBQにいったときなんて、3ミリくらいの虫にビビりまくっていたのが、今はコバエ程度なら手で叩くほど逞しくなっていた

f:id:neooutdoorneo:20231130173544j:image

たぶんこれから回数も重ねるので、もっと逞しくなりそう


そんなこんなしていると、娘友達のパパさんより到着のお知らせがあったので駐車場に迎えにいった

 

昨日の強風の中、我が家からの連絡が途絶えたことに心配していた

 

いや実際設営時は、それなりに慌てふためいていたし終わったころには連絡を入れれるような時間では無くなっていたので、あえてしなかったのだが逆に心配をかけてしまったらしい

 

友達パパさんに預けていた荷物や、持参してくれたギアや食材を荷下ろしし設営

f:id:neooutdoorneo:20231127212500j:image

ある意味パリピな状況になってしまったが、まぁ人も少なかったので許してください

こうしてグループデイキャンプが開幕した

 

f:id:neooutdoorneo:20231127212543j:image
我が家は前日からキャンプ地いりしていたが、友達家族さんはこの日の買い出しをしてきてくれていた

 

肉、野菜、お菓子、等々。。。すごい量だった
この量で友達家族がこの日を楽しみにしてくれていたのが凄く伝わった

 

雨で一回、予定日から延期となって今日を迎えたのでそのも思いもあったのだろう

めちゃめちゃ豪勢なお昼ご飯になった

f:id:neooutdoorneo:20231127212637j:image

お肉は子供の太もも位はあるモモ肉の塊と牛タン、ハラミなど

f:id:neooutdoorneo:20231127212754j:image

アヒージョやらウインナーなど、家庭では作る機会がなさそうな物を皆で作る

f:id:neooutdoorneo:20231127212824j:image

正直、大人の方が喜んでしまっていた

 

f:id:neooutdoorneo:20231127212717j:image

友達パパさんが持参してくれた、その週に釣ったというスズキを丸焼きにした

f:id:neooutdoorneo:20231127212734j:image
これは本当に美味しかった

丸焼きにできる状況と、丸ごと持ってきてくれるタイミングが重ならないと実現しないので、メンバー全員が喜んで食べていた

 

f:id:neooutdoorneo:20231127212750j:image

食事が終わると、この時期はどうしても日暮れが速いので、すこし空が赤くなりだしていた

 

キャンプが初めてということだったので薪割りや焚き火なんかも初めてだったと思う

 

パパさん達は薪割りと焚き火が楽しかったみたいで喜んでくれた

f:id:neooutdoorneo:20231127213104j:image

ママさんたちは食事を終えたらすぐに夕飯の準備をしてくれていた

 

子供たちも自分らなりの遊びを見つけては遊んだり、トランプしたり…。

f:id:neooutdoorneo:20231127213036j:image
そうこうしているうちに、時間は早い物で18時頃になった

 

そろそろ夜キャンプの時間だ

デイキャンプやハイキングは沢山したであろうが流石に夜キャンプは無いだろう

f:id:neooutdoorneo:20231127213015j:image

ランタンを付ける、焚き火の灯りもある

都会の灯りとはまた違う明るさに楽しさが倍増する

f:id:neooutdoorneo:20231127213152j:image

日曜日という事もあって他の客は全て帰ってしまったので自分たちが帰るまで貸し切り状態だった

f:id:neooutdoorneo:20231128122121j:image

撤収の事も考えてそれぞれの車をサイトまで移動させる

f:id:neooutdoorneo:20231127213248j:image

今思えば贅沢な使い方をさせてくれたセンターの方に感謝だ

 

f:id:neooutdoorneo:20231127213344j:image

晩御飯はカレーライス

嫁さんが飯盒炊飯でお米を炊いて、他のママさんたちがカレールーをつくる

f:id:neooutdoorneo:20231127213358j:image

「なんとか、グループキャンプも完遂出来そうだ」と晩御飯を頂いた

 

施設の門が22時に閉まるが、目標は21時に撤収完了だったので19:30頃から徐々に撤収作業を開始した

 

いつも撤収は嫁と2人で頑張っていたが今回は大人が6人いるのでとても楽させてもらった

 

暗闇の中での撤収となってしまったが、片付けについても皆が率先して動いてくれたので本当に頼もしかった

男手が多いのも、テントの解体や片付けでとても助かった


後日、また企画して遊ぶ事もこれで簡単にイメージがつけれそうだ

 

こんな良い家庭とお付き合いできるのも娘と友達たちがお互い仲良くしてくれているからだと感謝したい

f:id:neooutdoorneo:20231128122225j:image

f:id:neooutdoorneo:20231128122055j:image

親となってみて、そういう付き合いなんて想像もしていなかったが、実際そういう遊びが出来るこの状況を大切にしようと思った

 

片付けきらない荷物は他の車にも積んでもらい一度地元へ帰宅

 

娘たちはそのあともファミレスに行きたがったが親たちはヘトヘトなので地元で解散となった

我が家も車の荷物は翌日おろすことにし早めに就寝

 

疲れが取れるわけもなく翌日はヘロヘロで出勤

これもキャンプの醍醐味


楽しかったから良しとする!

つぎも頑張って企画するぞい、たぶん来年だけど!